ロボット 専門店ホーム無線通信関連無線ユニット近藤科学 KCB-5 ベータ版

お買い物 [カテゴリ一覧]

robi

ロボット王国twitter
Twitterは↓

>秋葉原で 楽々お買い物!


掛売・校費でのご購入はこちら。


↑プロ用映像機器・編集PC取扱い

商品詳細

4945984030642.jpg
近藤科学 KCB-5 ベータ版
メーカー名: 近藤科学
発売日:
在庫状況: 一時中止
  • \17,280(税込)

■スペック

●電源電圧:6〜12V
●サイズ:35×45mm
●CPU:STM32F405R(Cortex-M4 STMicroelectronics社製)
   ・168MHz 32bit ARMマイコン
   ・ROM:1MByte
   ・RAM:192+4kByte
   ・浮動小数点回路(FPU)内蔵
   ・C言語、アセンブラ言語にて開発可能
●A/D入力:12bitアナログ入力 ×4
        電源電圧取得 ×1
●DAC:12bitアナログ出力 ×1
●タイマ:6
●UART:COM ×1
      ICSサーボモータ用ポート ×4
       ※通常のUARTとしても使用可
      受信機用RCポート ×1
●I2C:1系統
●SPI:1系統
●USB:USB2.0 full-speed  device/host/OTG

本製品は、ロボット用マイコンボードです。
KHR-3HVや、多脚ロボットシリーズに搭載されているRCB-4HVを
KCB-5へ載せ替えることで、C言語によるロボット制御プログラムを
開発することができます。

他にもシリアル対応のKRSサーボで作成されたロボットでしたら
どのタイプにもご利用いただくことができますので、アーム型や
車輪型など、自由に開発をしていただけます。

【KRSシリーズのシリアルサーボを制御可能】
4系統のサーボ端子にKRSサーボをマルチドロップ接続にて
接続することができます。
コマンドは、全て関数として用意してありますので動作までの
ステップが簡単です。


【豊富な関数とサンプルプログラム】
センサやタイマなどロボットの制御に必要な機能も
全て関数としてご用意しています。
さらに、多数のサンプルプログラムをご覧いただければ、
関数の使用方法を実践的にご覧いただくことができます。

C言語の開発環境”Eclipse”が付属していますので、すぐに
開発を始めることができます。


【コンパクトなボードサイズ】
RCB-4HVと同サイズですので、KHR-3HV、KMRシリーズの
バックパックにそのまま搭載することができます。

【注意事項】
※本ボードへの書き込みには、Dual USBアダプターHS、または
 シリアルUSBアダプターHSが必要です。セットには付属していませんので
 ロボットに付属のものを流用するか、別途お買い求めください。

※HeartToHeartによるモーション作成には対応しておりません。

※ベータ版と正式版の違いはソフトウェアのみです。
 ハードの変更はありません。

この商品への評価コメント一覧
現在コメントはありません
この商品に評価コメントを投稿する
ニックネーム:
評価:
コメント本文:
(全角500文字まで)